小鼻のざらつき

小鼻のざらつきにお悩みの方へ

■小鼻のざらつき|クレンジングじゃない改善策とは?

 

小鼻のざらつきは不快なものです。毎日きちんとクレンジングをしていても、ざらざらが取れない、心なしか肌がごわごわする。

 

そんな風に思ったら、ケアの仕方を変えてみることをおすすめします。

 

小鼻のざらつきを感じた人の多くは、クレンジングや洗顔に力を入れる方が多いです。

 

確かに、ざらざらしている原因は、皮脂汚れやメイクの残りなどが混ざって詰まった「角栓」だといわれていますので、きれいに洗えば改善すると思うのも、無理のないことです。

 

ですが、これはちょっとだけ誤解なんです。

 

原因を根本から治すためには保湿ケアがオススメです。

 

本来は、皮脂汚れなどが毛穴につまって固くなってしまうことはないのですが、角栓になってしまうときは、皮膚が乾燥して毛穴が硬くなってしまっていることが多いのです。

 

毛穴が硬くなっていることによってつまりやすくなり、そこに皮脂汚れなどがつまり角栓となって、ざらざらしてしまう、ということですね。ということは、まずは乾燥をケアすることが必要になってくるのです。

 

■基礎化粧品の見直しがオススメ

 

保湿ケアの方法としては、まずは基礎のスキンケアを見直すことがおすすめです。

 

大人の肌に合った処方で、肌の奥から濃密に潤してくれる化粧水やスキンケアラインであれば、常に肌は柔らかく保たれ、ざらつきが出にくくなっていきます。

 

なんとなく肌がごわごわしているという方は、乾燥が原因のことが多いです。

 

まずは肌の奥までたっぷりと水分でうるおしてから、それをキープできるような効果を持った基礎化粧品のラインを選んでみることをおすすめします。

 

固い毛穴を改善し、ざらつきを改善する化粧水はコチラ