顔 かさかさ 皮が剥ける

顔がカサカサする悩み

顔がかさかさして、化粧水をつけるとぴりぴり。ときには皮が剥けることもあると言った肌の症状に悩まされる方はいませんか?

 

こうした症状は、肌が過敏になっているという、見逃せないサインです。もともとは肌が丈夫だったという方でも、年齢が進むにしたがって敏感肌になってしまうこともあります。

 

顔がかさかさ、皮が剥ける、ぴりぴりする、そんな風に感じたら、一刻も早く基礎のスキンケアを見直すことがおすすめです。

 

敏感肌は、肌のバリア機能が弱くなっている状態です。

 

これの何が問題かというと、バリア機能が弱くなると外部の刺激を受けやすく、肌の内側までガサガサに乾いてしまったり、炎症を起こしてしまったり、小じわやたるみの原因にもなったりしてしまうことです。

 

こうした要因から敏感肌はエイジングが進みやすく、見た目年齢にも密接にかかわってきてしまうのです。ただピリピリするだけの状態が、これほど深刻とはとらえていない方も多いのではないでしょうか。

 

放置すればするほど、エイジングは進んでしまうと考え、早めに対処することが必要です。

 

ですので、こうした状態を解決するためにスキンケアが必要になります。

 

おすすめは、バリア機能を高める基礎化粧品。

 

肌にうるおいを与えるとともに、肌本来のバリア機能を呼び覚まし、ハリや弾力をサポートしてくれるような基礎化粧品なら、ピリピリ肌の根本からアプローチし、問題を改善する手助けをしてくれます。大人の敏感肌には、こうした専用の基礎化粧品を使うことが近道ですね。