30代 ニキビ肌 化粧水

30代のニキビ肌に効く化粧水とは?

30代のニキビは「大人ニキビ」といって、思春期にできる「思春期ニキビ」と違い、繰り返しできる厄介な肌トラブルです。

 

原因は、食生活やストレスなどの日常生活の問題や、使っている基礎化粧品があっていない、ホルモンバランスの乱れなど様々です。
ただ、共通して言えるのは、大人ニキビに悩んでいる方の大半が「乾燥肌」であるということ。

 

特に「インナードライ」と呼ばれる、お肌の内側がカラカラで表面が皮脂でギトギトになるという症状がある方は乾燥肌には気を付けてください。

 

対策は、まず「保湿ケア」です

 

インナードライの原因は、お肌内部の角質層間にあるタンパク質であるセラミドが少なかったり、セラミドの保湿力が弱かったりするものです。

 

ですから、お肌にあるセラミドを保湿できる状態にするために保湿力がある程度ある基礎化粧品を使ってください。

 

そういった意味では、市販のドラッグストアに売っている大量生産しているような化粧水は、保湿力が物足りなかったり、お肌に刺激を与える成分が入っていますので、通販限定で売られている、成分にこだわった基礎化粧品などを使うと良いでしょう。

 

浸透力が高く、保湿力がある化粧水を選ぶことで、お肌内部に潤いを与え、セラミドがしっかりと保湿できるようになります。本サイトでご紹介している30代におすすめの化粧水No.1である「ライスフォース」は、ライスパワーNo.11という成分が配合されています。

 

この成分は、セラミドの生成を促す効果が認められた唯一の成分ですので、インナードライ→ニキビ肌のメカニズムに効果があります。
コチラのページでご紹介していますので、30代でニキビにお悩みの方は一度トライアルセットを使ってみることをオススメいたします。